評価技術センター

ホーム > 評価技術センター

評価技術センターについて

近年、清潔で快適な生活・衛生面への関心等で抗菌製品の需要が高まっています。

それにより、抗菌効果の信頼性も重要となってきました。
当社は、より一層の抗菌試験及び、防かび試験の信頼性を高めるため、研究開発統括部から独立した試験部門として評価技術センターを設立しました。評価技術センターは、独立行政法人 製品評価技術基盤機構の認定センターが認定する工業標準化法に基づく試験事業者認定制度 JNLA(Japan National Laboratory Accreditation system)の試験所として登録(登録番号090289JP)されました。
また、一般社団法人 繊維製品評価技術協議会(JTECT)の指定検査機関、及び一般社団法人 日本衛生材料工業連合会の認定試験機関(ウェットワイパー類除菌性能試験、衛生用品の抗菌性能試験)としても登録されました。下記試験項目についてはJNLA標章付試験証明書を第3者の立場で発行することができます。
その他、御希望の試験についても対応を致しますのでお気軽に御相談下さい。

○JNLA試験登録範囲

・JIS L1902  繊維製品の抗菌性試験方法及び抗菌効果
・JIS Z2801  抗菌加工製品−抗菌性試験方法・抗菌効果
・JIS Z2911  かび抵抗性試験方法

○試験証明書適合先(例)

・(一社)繊維製品評価技術協議会:SEKマーク申請・サーベイランス証明書
・(一社)抗菌製品技術協議会:SIAAマーク表示の認証審査

〜 顧客の満足と信頼を得るために 〜
<品質方針>
「規格要求事項の遵守により、顧客に信頼される試験活動及び品質サービスの提供を行い、顧客との安定した信頼関係を確保する。」

業務のご案内

〜試験依頼から試験証明書(又は、試験報告書)発行までの流れ〜
1.お問い合わせ
試験内容、試験試料の大きさ、御見積書の請求等の受付をします。
2.お申し込み

試験試料と試験ご依頼書に必要事項を記入の上お送り下さい。

3.受付
試験試料をお預かり後、試験内容の確認をさせていただきます。
4.試験の開始
お申し込みの内容で各試験を開始します。
5.試験証明書(又は、試験報告書)発行
ご依頼の試験が終了しましたら、試験証明書(又は、試験報告書)を作成し、
郵送での引き渡しになります。
6.ご請求

試験証明書(又は、試験報告書)を郵送の際に請求書と納品書を同封いたしますので、記載の取引銀行に試験料金をお振込み下さい。

その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

JNLA登録証

JNLA登録証
JNLA登録試験

試験サービス一覧

  • ●日本産業規格(JIS) JNLA: JNLA標章付 試験証明書の発行が可能
  • ○JIS L 1902  繊維製品の抗菌性試験方法及び効果 JNLA
  • ○JIS Z 2801  抗菌加工製品-抗菌性試験方法・抗菌効果 JNLA
  • ○JIS Z 2911  かび抵抗性試験方法 JNLA
  • ○JIS L 1921 繊維製品の抗かび性試験方法及び抗かび効果
  • ●(一社)日本衛生材料工業連合会 自主基準
  • ○JHPIA抗菌マーク 試験方法
  • ○ウエットワイパー類の除菌性能試験
  • ●大和化学工業(株) 試験方法
  • New○防ダニ性試験
    ダニ忌避(きひ)試験(侵入阻止法, ガラス管A法) ※近日依頼受入れ開始
  • New○防蚊(ぼうぶん)性試験
    蚊忌避試験
  • New○アレルゲン低減化性能試験(ELISA法)
  • ● (一社)繊維評価技術協議会 SEKマーク繊維製品認証基準に準じた方法
  • New○消臭性試験(検知管法、ガスクロマトグラフ法)
  • New 新たに試験の受入れを開始しました。

試験項目

<試験項目>
  • ◇抗菌性試験
  • ○JIS L 1902 「繊維製品の抗菌性試験方法及び抗菌効果」
    不織布を含む全ての抗菌性繊維製品の抗菌活性を評価する方法。
    菌液吸収法(定量試験)、ハロー法(定性試験)等。SEKマーク 試験方法
  • ○JIS Z 2801「抗菌加工製品-抗菌性試験方法・抗菌効果」
    繊維製品及び光触媒抗菌加工製品を除く, プラスチック製品, 金属製品,
    セラミック製品など抗菌加工を施した製品の表面における細菌に対する抗菌性試験の方法。
    SIAAマーク 試験方法
  • ○(一社)日本衛生材料工業連合会 「抗菌自主基準」で規定する試験方法
    JHPIA抗菌マーク 試験方法
  • ◇除菌性能試験
  • ○「ウエットワイパー類の除菌性能試験」
    (一社)日本衛生材料工業連合会 「除菌を標榜するウエットワイパー類の自主基準」で規定する試験方法。
    JHPIA除菌マーク 試験方法
  • ◇防かび性試験
  • ○JIS Z 2911 「かび抵抗性試験」
    かび抵抗性を必要とする工業製品又は工業材料のかびに対する抵抗性の試験方法。
    一般工業製品の試験, 繊維製品の試験, 塗料の試験, 皮革及び皮革製品の試験,プラスチック製品の試験等
  • ○ハロー試験
  • ◇防ダニ性試験
  • ダニ忌避試験(侵入阻止法, ガラス管A法)「JIS L 1920 繊維製品の防ダニ性能試験方法」
  • ○侵入阻止法
    内径90mmのシャーレに生存ダニ約10000匹を含むダニ培地を均一にまきます。これに試験試料(外径 45mmのシャーレに同じ大きさに切った試料を敷き込んだもの)を置きます。試験試料の中央には誘因試 料(0.05g)を置き、25±2℃、75±5%RH, 暗条件で24時間放置します。
    24時間後、試験試料と誘導飼料、外径45oシャーレ内側のダニ数を数えます。
    加工試料と未加工試料のダニ数を比較し、忌避率を算出します。
  • ○ガラス管A法
    ガラス管の一方に粘着テープを張り付け、誘引飼料0.01gを均一に付着させた後、この端から5mmの厚 さにダニ計数用わた0.025gを入れ、さらに0.4gの試験試料を20mmの厚みにつめこみ、合計の厚さ を25mmにします。
    ガラス管のもう一方の端から約40mmまでの間に、生存ダニ約10000匹を含むダニ培地を入れて、高密 度織物で口をふさいで輪ゴムで固定し、25±2℃、75±5%RH,暗条件で48時間放置します。
    48時間後、粘着テープと粉末飼料、ダニ計数用わたの部分のダニ数を数えす。
    加工試料と未加工試料のダニ数を比較し、忌避率を算出します。
auto
  • ◇防蚊(ぼうぶん)性試験
  • ダニ忌避試験(侵入阻止法, ガラス管A法)「JIS L 1920 繊維製品の防ダニ性能試験方法」
  • 〇蚊忌避(きひ)試験
    「大和化学工業(株)試験方法」
    メスの蚊が30匹入ったケージに腕を入れ、2分間で腕に巻いた加工試料(未加工試料)に静止、吸血した 蚊の数を計数し、忌避率(%)を求めます。
  • ◇アレルゲン低減化性能試験「大和化学工業(株)試験方法」
  • 〇ELISA法(アレルゲン:ダニ、スギ花粉)
    *アレルゲン:アレルギーを引き起こす原因となる物質
    規定の大きさの試験試料1枚を、アレルゲン溶液中に入れ、室温で24時間静置。
    その後、残存アレルゲン濃度をサンドイッチELISA法により定量し、アレルゲン低減化率(%)を算出。
  • ◇消臭性試験「(一社)繊維評価技術協議会 SEKマーク繊維製品認証基準に準じた方法」(官能試験を除く)
  • 〇ELISA法(アレルゲン:ダニ、スギ花粉)
    *アレルゲン:アレルギーを引き起こす原因となる物質
    規定の大きさの試験試料1枚を、アレルゲン溶液中に入れ、室温で24時間静置。
    その後、残存アレルゲン濃度をサンドイッチELISA法により定量し、アレルゲン低減化率(%)を算出。
  • 〇検知管法
  • 〇ガスクロマトグラフ法
    試験対象臭気成分 アンモニア、酢酸、イソ吉草酸、ノネナール

SEKマーク(繊維評価技術協議会)

  抗菌防臭加工 制菌加工
一般用途 特定用途
SEKマークカラー
試験対象
菌種
黄色ブドウ球菌
肺炎桿菌 -
緑膿菌 -
大腸菌 -
MRSA - -
抗菌性評価 抗菌活性値≧2.2 抗菌活性値≧F(一般用途)
抗菌活性値>F(特定用途)
F:標準布の増殖値
対象製品 衣料品・寝装品 一般家庭等で
使用する製品
医療施設等の
業務用製品
乳幼児品除外 インテリア用品等

●印は試験対象必須菌 ○印はオプション

・洗濯方法及び回数
抗菌防臭加工、制菌加工(一般用途)
家庭用洗濯機で標準配合洗剤を使用し、品目別に0〜10回洗濯する。
制菌加工(特定用途)
ワッシャ洗濯機で、標準配合洗剤を使用し、品目別に0〜50回する。

・試験方法
JIS L1902 繊維製品の抗菌性試験方法(定量試験)による。

SIAAマーク(抗菌製品技術協議会)
・抗菌試験対象品目

生活用品全般(プラスチック・金属・セラミック製品)
台所用品 まな板、たわし、三角コーナー
文房具 ボールペン、下敷き、紙、ファイル
サニタリー・トイレタニー用品 洗面台、浴槽、タイル、コップ、風呂の椅子、便器、便座
家電製品 冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、掃除機など
日用雑貨 カード、ベルト、財布など

・試験方法
JIS Z2801 抗菌加工製品−抗菌性試験法・抗菌効果
試験菌種 : 黄色ブドウ球菌、大腸菌

・評価基準
抗菌活性値 2.0以上

JHPIA抗菌マーク

・対象製品 (一社)日本衛生材料工業連合会 抗菌自主基準で規定する製品に適用される。

紙おむつ
パンティーライナー    
包帯
三角巾
T字帯

さらし
お産用パット
マスク
紙おしぼり、ウェットティシュ
綿棒

・試験方法
(一社)日本衛生材料工業連合会自主基準

・試験菌種
黄色ブドウ球菌、大腸菌

・評価基準
静菌活性値 2.0以上
殺菌活性値 0.0以上

JHPIA 除菌マーク(一般社団法人 日本衛生材料工業連合会)

・対象製品
(一社)日本衛生材料工業連合会が「除菌を標榜するウエットワイパー類の自主基準」で規定する「除菌を標榜するウエットワイパー類」に適用される。

・試験方法
(一社)日本衛生材料工業連合会 「除菌を標榜するウエットワイパー類の自主基準」で規定する「ウエットワイパー類の除菌性能試験方法」

・試験菌種
黄色ぶどう球菌、大腸菌

・評価基準
除菌活性値 2.0以上

お問い合わせ

試験の依頼や相談は、下記へお気軽に問い合わせください。

大和化学工業(株) 評価技術センター
担当: 北村 幸司
〒533-0006 大阪市東淀川区上新庄3丁目1番11号
TEL:06-6328-0500 FAX:06-6326-0598
E-mail:hyouka@daiwakagaku.co.jp
サイトマップ 個人情報保護方針 サイトポリシー お問い合わせ 環境安全への取り組み English サイトマップ 個人情報保護方針 サイトポリシー